水虫の水泡ができた場合の完治法は

水泡ができる水虫の完治法として、まず、基本的には、自分で水虫の水泡を潰すことはあまり良くありません。潰してしまうと、水虫ができている皮膚は防御機能も弱くなっているので、穴をあけると、細菌が感染して、炎症が悪化してしまう場合があります。
水泡ができる水虫の完治法として、まずは皮膚科に行くことが大切です。また、自分で潰すことは原則的にあまりよくはないのですが、水疱が大きくなった場合には、白癬菌が増殖してしまっている可能性があり、疾患を起こしてしまう可能性もあるため、小さい豆程度まで大きくなってしまった場合には潰した方が良い場合もあります。
潰す場合には、しっかりと患部を消毒し、消毒済みの針で一箇所穴を開けて、再び患部を消毒して、ガーゼを当てます、ガーゼはしっかりと毎日交換することが大切です。
また、完治法として、普段の生活でも気をつけなければいけないこともあります。まず、白癬菌が好む湿気が多い環境と不潔な環境を改善する必要があります。
靴については、通気性の良い靴を普段から履くことが大切です。湿気が篭り難い靴で、履いた靴は毎日干すようにすることが大切です。また、靴を履いている時間を短くすることも効果的です。靴下も普段からなるべく長い時間履かないことが大切です。靴下も汚れていて、さらに、湿気を篭らせてしまう原因となってしまうため、普段から靴下を履いて生活することはあまりお勧めできません。
また、完治法として、病院に受診したり、市販薬などを利用することも完治までの期間を短くする上で必要なことです。病院に受診をすれば適切な治療を受けることができ、また、処方された薬や市販薬を利用しても、完治するための期間を短くすることができます。



トップページへ